[PR]

 龍宮城スパホテル三日月富士見亭(千葉県木更津市北浜町)は、純プラチナ製の浴槽を設置した。時価3億8千万円で、同時に設置されたK18製の「黄金風呂」と合わせると6億7千万円という豪華な湯船になる。同ホテルは「純プラチナ製は世界で初めて」と話しており、一般客は30日から利用できるという。

 同ホテルの新館、富士見亭のオープン1周年を記念した。2槽とも縦70センチ、横120センチで高さは65センチ。補強にステンレスを使った以外はそれぞれ純プラチナ、K18だけでできている。田中貴金属ジュエリー(東京都中央区)が製作した。

 設置場所は11階の展望大浴場で、好天なら富士山が正面に見える。男女にそれぞれ1槽を置き、朝夕で交換する。

 同グループは4ホテルを展開し、それぞれに黄金風呂があって人気がある。2007年には鴨川のホテルの黄金風呂が浴槽ごと盗まれ、13年には勝浦のホテルで一部が切り取られる事件があった。(堤恭太)