[PR]

 九州各県の小中学校の教頭が集まる九州地区公立学校教頭会研究大会が28日、宮崎市内で開かれた。同市出身の柔道男子日本代表監督、井上康生さん(39)が「私の柔道哲学」と題して講演。約1千人の教頭が耳を傾けた。

 井上さんは、日本代表の選手らに伝えている哲学について、指導上の心構えを交えながら話した。「進化するためには変化が必要。変化には失敗が伴うが、それを恐れるな」という哲学を基に、指導する上では「失敗の内容の見極め」が重要だと説明。進化しようとして犯した失敗と、何度も繰り返す失敗の違いを見極め、前者は待ち、後者は指導すべきだとした。

 マネジメントについては「選手に世界一を目指せと言うなら、自分は世界一の戦略・戦術家にならなくてはならない」と話し、指導者としてのプロ意識を持つことの大切さを説いた。

 福岡市立内浜中学校の渡辺敬二…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら