【動画】小型ロケット「MOMO」が打ち上げられたが、機体との通信が途絶えた=インターステラテクノロジズ提供、相場郁朗撮影
[PR]

 元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(北海道大樹(たいき)町)は30日、同町から小型ロケット「MOMO」を打ち上げた。直後に機体からの通信が途絶えたため、エンジンを緊急停止。宇宙空間には達しなかった。

 MOMOは全長約10メートル、重さ約1150キロ。無重力環境の測定装置などを積み、民間企業が独自に開発したロケットとして初の宇宙空間(高度100キロ)への到達をめざしていた。

 打ち上げは当初、29日に予定されていたが、濃霧のため直前に中止になり、30日に延期されていた。大樹町内の発射場から約4キロ離れた見学会場には、朝から多くの家族連れらが訪れ、打ち上げを見守った。

 同社によると、MOMOは午後4時31分に打ち上げられた。4分で高度100キロに到達する計画だったが、66秒後に飛行データを正常に取得できなくなり、エンジンを緊急停止した。当時の機体の高度は約20キロで、発射場から約6・5キロ離れた太平洋に落下したとみられる。機体は回収できなかったという。

 稲川貴大社長は「目標には達し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら