[PR]

 指導する男子学生に暴行してけがを負わせたなどとして、広島大学(広島県東広島市)は28日、50代の男性教授を休職6カ月の懲戒処分にし、発表した。

 大学によると教授は3月、学生と口論になった際、足を払って転倒させ、全治3週間のけがを負わせたうえ、顔につばをはきかけた。学生は救急車で病院に搬送され、警察に被害届を出していた。

 この学生には昨年11~12月にも、複数回にわたって「クビにするぞ」としかりつけてプレッシャーを与えるなどし、学生は1週間、大学を欠席。また、ほかの研究室の指導学生に対しても「バカ」「研究室から出ていけ」などの発言を繰り返したという。

 教授は「自分の要求するレベルに学生が届かず、感情的になってしまった」と説明しているという。

 越智光夫学長は「教員としてあるまじき行為で誠に遺憾。深くおわびする」とするコメントを出した。