[PR]

 菅義偉官房長官は29日未明、首相官邸で緊急の記者会見を行い、「昨日午後11時42分、北朝鮮中部より弾道ミサイルが発射され、45分程度飛翔(ひしょう)し、日本海の我が国の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる」と発表した。現時点で航空機や船舶への被害は確認されていないという。

 菅氏は「航空機や船舶の安全確保の観点から極めて問題のある行為であるとともに、安保理決議などへの明白な違反だ。このような北朝鮮による度重なる挑発行為を断じて容認できず、北朝鮮に対し、厳重に抗議を行い、最も強い表現で非難した」と語った。

 安倍晋三首相からは、情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して迅速・的確な情報提供を行うことなど指示があったという。首相は29日未明、首相官邸で記者団に「北朝鮮がまたもや弾道ミサイルの発射を強行したとの第一報を受けた。直ちに分析をし、国民の安全の確保を第一に、万全を期していきたい」と語った。政府は官邸で国家安全保障会議(NSC)を開いて対応を協議した。防衛省関係者によると、ミサイルは北海道・奥尻島沖のEEZ内に着水した模様だ。

 一方、韓国政府によると28日午後11時41分、ミサイルは北朝鮮北部の慈江道(チャガンド)・舞坪里(ムピョンリ)から発射されたという。韓国政府は、文在寅(ムンジェイン)大統領が29日午前1時ごろからNSCを招集したと明らかにした。ミサイルは少なくとも3発発射されたとの情報もある。