[PR]

 埼玉代表の花咲徳栄の選手らが30日午前、久喜市の鷲宮神社と加須市の不動ケ丘不動尊總願(そうがん)寺を訪れ、甲子園に向けて必勝を祈願した。

 鷲宮神社では、千丸剛主将がチームを代表して絵馬に「日本一」と書き込んだ。埼玉県勢に選手権の優勝経験がないことに触れ、「自分たちが県勢初の日本一を取るという気持ちを込めて書いた」と思いを明かした。

 この日の午後には同校のグラウンドに戻り、主力選手らが打撃練習などで汗を流した。チームは8月1日に宿舎のある兵庫県に出発。2日に甲子園練習、4日に組み合わせ抽選会が予定されている。(笠原真)

こんなニュースも