[PR]

 兵庫県伊丹市荻野8丁目の若松公園で29日午後6時ごろ、小学5年の男児(10)が毒を持つヤマカガシとみられるヘビにかまれた。県警によると、男児は病院に搬送され、一時意識不明に陥ったが、その後意識は回復したという。

 伊丹署などによると、男児は公園で友人と遊んでいたところ、右手首をヘビにかまれた。帰宅後に出血が止まらず、頭痛を訴えたため、母親が同日午後8時ごろに119番通報。病院で血清を打つなどの治療を受けた。

 ヘビは一緒に遊んでいた友人らが捕まえてリュックサックに入れていたが、男児の母親が翌30日朝、「捕まえたヘビをどうしたらよいか」と署に問い合わせ、引き渡したという。体長は50センチ前後とみられる。

 ヤマカガシは国内に広く分布しており、毒性が強く、死に至る場合もある。ヘビに詳しい神戸市立須磨海浜水族園の笹井隆秀学芸員によると、関西でも普通に見られ、主に池や田んぼなど水辺周辺に生息。外見は地域や個体によって様々だが、おおむね首回りの一部が黄色いのが特徴。通常は人が余計な手出しをしない限り、かまれる恐れは低いという。

 公園は伊丹市北部の住宅地にあり、すぐ西側に川が流れている。署は注意を呼びかける貼り紙を公園入り口に掲げた。(宮武努)