[PR]

 トルコ・サムスンで開かれた第23回夏季デフリンピック大会は30日夜(日本時間31日未明)、市内の競技場で閉会式があった。97カ国・地域約3千人の耳の不自由な選手たちによる、13日間のスポーツの祭典が幕を閉じた。

 閉会式では、期間中の選手たちの活躍が巨大スクリーンに映し出された。日本は11競技に出場し、目標の25個を上回る過去最多の27個のメダル(金6、銀9、銅12)を獲得した。

 閉会式に先だって、日本選手団は選手村で解団式を行った。

 予選リーグ敗退だったサッカー代表の岡田侑也選手(20)は大会を終え、聴覚障害者のサッカーの魅力を広めていきたいと思った。耳が聞こえれば一瞬で伝わることが、5分かかることもある。「伝えることも技術で、ゴールの達成感は大きい。世界一になれるよう成長したい」

 ビーチバレーボールでペアを組…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら