[PR]

 サッカーJ1鹿島で、1993年のJリーグ開幕時からクラブに携わるスタッフのひとりが7月末に定年退職を迎えた。事業部でチケット担当を務めてきた道免(どうめん)弘子さん(60)。選手から母親のように慕われてきた存在だ。

 93年に派遣社員として、発足したばかりのファンクラブ入会申し込みの受け付けの仕事をしたのが鹿島との縁の始まりだ。翌年11月に正社員となり、以降はチケット業務を担当してきた。選手には家族などを試合に招待するたびに頼りにされた。

 J開幕初年から優勝争いを繰り広げてきた鹿島のチケットは、90年代は入手困難。買い求める人がクラブハウスに長蛇の列を作るほどだった。そんな中でも、選手の急な要望に応えてきた。「ないとは言えない。ストレスをかけず、集中させてあげたいから」。家族や友人の前でプレーすることが、大きなモチベーションを与えると感じてきた。「人気のある子だけじゃなく、全員にちゃんと要望通りに準備する」と、平等に接する姿勢も信頼を得た。

 「選手は息子みたい」という道免さん。海外移籍などでクラブを出た選手が姿を見せれば、「お帰り」と迎える。ピッチにだけ顔を出し、事務所に来ないことがあれば優しく「小言」を言ったこともある。「なんで(事務所のある)2階に上がって来ないの。ちゃんと来なさい」と。PKの場面だけは、見ていられないという。「万一のことがあれば、可哀想で可哀想で」

 選手は「いつも優しく声をかけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら