[PR]

 アメリカンフットボールの社会人Xリーグは31日、京セラドーム大阪で1試合があり、パナソニック(西地区)が後半にミスが相次いだもののエレコム神戸(西地区)を31―15で下し、2年ぶりのリーグ王者へスタートを切った。

 パナソニックの攻撃の中心と言えば、長年活躍してきたQB高田(たかた)鉄男。しかし、日本のフットボール界でその名をとどろかせ続けてきた35歳の名QBの姿が、この日序盤のフィールドにはなかった。定位置だった先発QBには新加入の身長192センチ、体重92キロ、米国人のベンジャミン・アンダーソンが入った。

 高田はアンダーソンについて、「純粋に(運動)能力がすごいね」と評する。今までのパナソニック攻撃は地上戦のランが主体だったが、今シーズンはアンダーソンの加入もあってパス攻撃の比率を上げている。

 この日も、そのパス攻撃をアン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも