[PR]

 2014年度に自治体が把握した子どもの虐待死事例64件のうち、5割近くの31件が検証されていなかったことが厚生労働省のまとめで分かった。検証は再発防止策を講じるために不可欠で、厚労省は今年度中に虐待死を自治体が検証する際の手引書をつくり、実施を徹底させる考えだ。

 児童虐待防止法は、重大な虐待事例の検証を自治体に求めている。ただ、努力規定のため実施されないケースも多く、厚労省は11年にすべての虐待死事例について検証するよう自治体に通知した。

 厚労省によると、14年度に自治体が把握した虐待死事例で検証されなかった31件のうち、5割以上の事例について、自治体側は「行政機関が関わった事例ではないため」を理由に挙げた。自治体や医療機関、警察などと接点がないまま虐待死に至った場合、詳細な情報を得るのが難しいためという。

 手引書では、検証委員会のメン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら