[PR]

 2020年の東京五輪で、メキシコバレーボール協会(FMVB)が行橋市などと基本合意したビーチバレーボールチームの事前合宿について、同市での実施が見送られることになった。誘致を進めてきた県がFMVBに確認し、31日、発表した。

 メキシコオリンピック委員会(MOC)がビーチバレーボールを含む26競技の事前合宿を広島県内で行うと発表し、その決定について広島県が29日に公表した。これを受け、福岡県がFMVBに連絡し、MOCの決定に従う意向を確認したという。

 メキシコのビーチバレーボールチームによる行橋市での事前合宿については7月16日、FMVBと県、市、県バレーボール協会の4者で基本合意書に調印した。ところが、一方で、MOCはその2カ月近く前の5月25日に広島県との間で事前合宿の基本協定を締結し、二重合意の状態になっていた。

 福岡県スポーツ振興課によると…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら