[PR]

 沖縄本島北部で生息が確認された国の天然記念物ジュゴン3頭のうち1頭が、いなくなった。この1頭は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沖周辺で目撃されていた。沖縄防衛局は「工事の影響ではない」とするが、環境保護団体などは「環境が悪化したせいだ」として工事中止を求めている。

 移設のための海域埋め立て工事に伴い、防衛局は環境影響評価(アセスメント)や事後調査などでジュゴンの行動も追跡調査している。防衛局は「本島沿岸に常住するジュゴンは3頭」と推定。それぞれ個体A・B・Cと名付けた。このうち性別不明で最も若いCが行方不明になった。

 防衛局作成のアセス資料などから、Cの大まかな足跡をたどると――。

 2007年ごろまでは、沖縄本島西海岸の古宇利(こうり)島(今帰仁〈なきじん〉村)沖周辺で母親とみられるBと一緒にいることが多かった。

 08年ごろから時折、古宇利島沖から北回りで東海岸の嘉陽(かよう、名護市)沖まで、約80キロの距離を往復し始め、さらに南西側の埋め立て予定地、辺野古崎沖の大浦湾に現れ始めた。

 その後、嘉陽沖を中心に、辺野古崎沖からさらに南西の宜野座村沖まで、広く移動している様子が確認された。

 移設工事に伴う海上作業は14年8月に始まった。大浦湾にはブイや浮き具が張り巡らされ、防衛局の監視船や海上保安部のボートが走る。台船による地盤の掘削調査も始まった。Cは9月1日を最後に、東海岸では目撃されなくなった。

 15年1月には再び西海岸の古宇利島沖で目撃されたものの、その年の6月24日を最後に古宇利島沖でも目撃されなくなった。

 古宇利島沖にはB、大浦湾に近…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら