[PR]

 KDDIと高速バス大手のウィラー(大阪市)は31日、VR(仮想現実)を使ったバス乗客向けの新サービスを始めると発表した。大阪や名古屋から東京のライブ会場に向かう長距離バスの中で、出演する有名ミュージシャンが同乗している感覚を楽しめるようにする。移動時間も「売り物」にする狙いだ。

 乗客が自分のスマートフォンに専用アプリをダウンロードすると、かけたVRゴーグルにKDDIが作った映像が流れる。まずは5人組バンド「DISH//(ディッシュ)」が来年1月1日に東京・日本武道館で行う公演に向かう大阪、名古屋、仙台発のバスに導入する。

 車中では、隣の席に座ったメンバーと雑談をしたり、「好きだよ」と告白されたりといった疑似体験ができる。ほかのミュージシャンらの公演にもサービスを拡大させる計画だ。(徳島慎也)