[PR]

 過去最大の5兆2551億円が概算要求された防衛費。2017年度当初予算に比べ、1300億円(2・5%)増。現在の中期防衛力整備計画(14~18年度)で見込む年平均0・8%の防衛費の伸び率を大幅に超えた。要求ベースとはいえ、防衛費の膨張傾向は進む一方だ。

 防衛省は北朝鮮の相次ぐミサイル発射に対応するためとして、弾道ミサイル防衛(BMD)の強化に1791億円を要求した。目玉は、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の設計費だ。防衛省は米国との協議を経て年末に金額を確定させるとして、要求額を「未定」としており、今回の総額には反映されていない。

 しかし、イージス・アショアの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも