[PR]

(31日、ソフトバンク4―3日本ハム)

 眉間(みけん)にしわを寄せ、歯がみした。日本ハムの大谷翔平(23)は四回、ソフトバンク・福田に3ランを打たれた後、誰が見てもわかるように悔しがった。「こちら側の問題だったので」。甘いフォークを右翼席に運ばれ、64球で交代した。

 7月12日以来となる、今季2度目の先発。60球めど、という球数制限があった。立ち上がりは1番・明石への4球目に160キロを計測するなど順調。三回まで無安打に抑えた。しかし、四回、先頭を四球で歩かせると、犠打の後、柳田に中前適時打を許して同点。続くデスパイネには左前にはじき返され、そして、福田の本塁打だった。

 制球に関しては手応えを感じていた。「とりあえず60球だったので、際どいところを狙って投げても球数が増える。ある程度アバウトでいった。まずまずじゃないかと思います」

 課題として挙げたのは、勝負勘だ。「打者に向き合ったとき、駆け引きがしたい。抑える過程のイメージとか。きょうは、ただ投げているだけのような感じだった」

 ネット裏にヤンキースのキャッシュマンGMら、大リーグから計14球団22人のスカウトや編成担当者が視察に訪れていた。「その点で変わることはない」と気にしていなかった大谷。「投げられないよりは投げられたほうがすっきりする。投げないとわからないことがたくさんある。まだ2回目なので」。二刀流、真の復活には、もう少しだけ時間が必要だ。(山下弘展)

こんなニュースも