[PR]

 「私は重い失敗をしてきた。今度こそうまくやる」――。民進党は1日、前原誠司元外相の「リベンジ」に低迷する党の浮沈を託した。直言や脇の甘さが災いし、墓穴を掘った過去を抱える新代表。安定感のある「ニュー前原」に脱皮できるかが問われる。

 「みんなに引き立てられるようなリーダーになりたい」。前原氏は最近、自らに近い議員にこう語った。

 前原氏は旧民主党政権時代の2012年、政調会長として消費増税の党内集約を図った。若手議員が増税に異論を唱えると、「発言の意味が分からないので説明を」と逆襲したという。反対意見が続出するなか、自らへの「一任」を宣言して会議を打ち切り、党分裂を招いた「戦犯」の一人に数えられた。

 下野した後、前原氏は「異なる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら