[PR]

 6月にあった世界卓球選手権の女子ダブルスで銅メダルに輝くなど、国際大会で快進撃を続ける北九州市出身の早田(はやた)ひな選手(17)=希望が丘高校2年。活躍の原点の一つが、地元の町工場2階の卓球場だ。練習環境の整備に力を注ぐ経営者は、五輪代表が生まれる日を夢見る。

 福岡県中間市の工場が立ち並ぶ一角。倉庫や製品を組み立てる作業場がある1階から外階段を上がると、16台の卓球台が並ぶ「フロム石田卓球場」が現れる。

 整備したのは、生ごみを処理するディスポーザーを作る「フロム工業」の創業者で、会長の尾畑宇喜雄(うきお)さん(70)だ。

 選手がひざを痛めないよう、床下にはバネを完備。午前中は主婦、昼休みにはフロム工業の社員、午後は小中学生や高校生が練習に励む。早田選手は中学生の頃、この練習場に通い腕を磨いた。世界のプロツアーに参戦する今も時折顔を出している。

 中間市出身の尾畑さんは佐世保…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら