[PR]

 「防災の日」の1日、南海トラフ地震などの巨大災害を想定し、各地で住民らが訓練に励んだ。また、徳島県では北朝鮮が8月29日に弾道ミサイルを発射したことを受け、落下物への対応に備える訓練を急きょ実施することにした。

 「地震です!」。午前9時半、和歌山市砂山南3丁目の認定こども園「むつみこども園」で園内放送が流れた。教室の中央に集まって身を丸める0~6歳の園児たち。さらに津波の危険が高まっているとアナウンスがあり、子どもたちは防災頭巾をかぶって建物から避難。津波避難ビルに指定されている隣の7階建て国家公務員宿舎の屋上まで自分で歩いたり、職員に抱きかかえられたりしながら逃げた。

 図司結月(ゆづき)ちゃん(5)は「怖くて、ちょっと疲れた。もし地震がきたら早く逃げようと思います」。栗林恵園長(66)は「子どもたちはいつも通り動いてくれた。見つかった課題を元にマニュアルを見直したい」と話していた。

 徳島県は1日午後、鳴門市の鳴門ウチノ海総合公園などで総合防災訓練を実施。県や自衛隊、警察、消防など129機関計約950人が参加する訓練で、大震災への対応に加え、北朝鮮の弾道ミサイルが県内上空を通過し、部品が落下したとの想定を盛り込んだ。

 訓練では、全国瞬時警報システム(Jアラート)のミサイル発射情報に基づき、化学防護服を着た県警の「NBCテロ対策班」が落下物周辺を立ち入り禁止にし、徳島市消防局が落下物の有害物質をシャワーで洗浄できる「除染テント」の設営やガス検知器を使った有害物質の検知などをする。(杢田光、佐藤常敬)