[PR]

 生後1カ月だった次男に暴行を加えて死なせたとして、大阪府警に傷害致死容疑で逮捕された同府吹田市のアルバイト楢崎淳二容疑者(30)は1月下旬、朝日新聞の取材に「手をあげたことは一度もない」などと話していた。主なやり取りは以下の通り。

 ――暴行や虐待はあったのか。

 絶対にしていない。子どもに手をあげたことは一度もない。かわいがっていた陸が亡くなってつらいのに、疑いをかけられてしんどい。

 ――様子がおかしいことに気づいたのはいつか。

 昨年10月3日の昼。妻が長男と買い物に出かけ、僕が長女と陸と留守番をしていた。陸はリビングの赤ちゃん用クッションで寝ていた。僕は長女をあやすために10分ほど家の外に連れ出した。家に戻ると、陸がクッションでぐったりして赤っぽい鼻水が出ていた。妻に急いで連絡し、救急車を呼んだ。

 ――どんな子だったか。

 静かで手がかからない子だった。夜泣きで困ることもあまりなかった。遺影に花を供えている。