[PR]

 民事再生手続き中の学校法人森友学園(大阪市)の管財人が、多額の債務は理事長を務めていた籠池泰典容疑者(64)=大阪地検が詐欺容疑で逮捕=の経営責任によるものだとして、約11億9千万円の損害賠償請求を大阪地裁に申し立てた。7月20日付。

 関係者によると、管財人は大阪府豊中市の国有地に学園が建設した小学校の施工業者への未払い金約11億8千万円と、国有地の不動産取得税約1千万円について、地裁に査定を申し立てた。地裁は籠池容疑者側の主張も確認し、損害賠償額を確定する。管財人は申し立てに先立ち、籠池容疑者の自宅の土地と建物を仮差し押さえしている。(畑宗太郎)