[PR]

 連合新執行部の体制を検討する「役員推薦委員会(役薦委)」は1日、神津里季生(こうづりきお)会長(61)を留任させ、逢見直人事務局長(63)を専従の「会長代行」にする人事方針を決めた。10月に任期満了となる神津氏は異例の「1期2年」で辞任する意向を役薦委に示したが、組織内からの慰留を受け続投に傾いていた。後任の事務局長には、自動車総連の相原康伸会長(57)を充てる。

 役薦委は、いったんは次期会長に逢見氏を充てる人事案を軸に調整。ただ、神津氏の続投論が根強いことなどを受け、役薦委は人事案の再検討に入った。

 さらに、連合が「残業代ゼロ法案」と批判していた高度プロフェッショナル制度をめぐり、逢見氏主導で修正案に政労使合意しようとしたため傘下の産別が反発。最終的に逢見氏を会長代行にすることで決着した。人事案は、8月25日にある中央執行委員会での了承を経て、10月の定期大会で正式に決定する見通し。