[PR]

 インターネット上でやり取りされる仮想通貨「ビットコイン」で、関係者が規格を巡って対立し、コインが2種類に「分裂」する騒ぎになっている。低コストで即時に送金や決済ができるため人気で、値上がり益を期待した投機的な売買も広がっていた。騒ぎを受け、取引や利用を一時停止する動きが出た。

 一部の関係者が予告した「分裂」時期は日本時間1日午後9時20分。直後にビットコインの相場は乱高下した。その後、新たなコイン「ビットコインキャッシュ」に分裂する動きが始まった。

 円やドルなどと仮想通貨を交換する「取引所」と呼ばれる事業者の「ビットフライヤー」(東京)は同日午前、事前にコインの取引所外への送金を止めた。多くの取引所も同様の措置を取った。

 騒動のきっかけは、コインを取引しやすくするための規格改良を巡る対立だ。

 最近の取引増加で、情報処理に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら