[PR]

 英中央銀行イングランド銀行(BOE)の一部職員が、物価上昇に伴う十分な賃上げが行われていないとして、賃金の見直しを求めて1日から3日間のストライキに入った。BOEで職員がストに入るのは約50年ぶりという。

 支援する英最大労組ユナイトによると、参加したのは建物の警備や保守を担当する職員ら。この日午前にはロンドンのBOE本店前に約20人が集まり、「我々がほしいのは公平な賃金だ」とシュプレヒコールをあげた。職員は3日間交代で賃上げを呼びかける。

 欧州連合(EU)離脱決定を受けたポンド安で輸入物価が上がるなどしてインフレが加速し、英国の5月の消費者物価上昇率は前年同月比2・9%と約4年ぶりの高水準となった。ユナイトによると、BOEは3月から1年間の賃金支払い原資を前年度より1%増やしたが、賃金がまったく上がらない人もおり、賃金協定の再交渉を求めている。(ロンドン=寺西和男)