[PR]

 松本市の松本城公園で9月に開催予定だった「第4回クラフトビールフェスティバルin松本」(ビアフェス信州実行委員会主催)が、松本市教育委員会からの自粛要請を受けて中止になった。しかし市民らから批判の声が上がり、市教委は調整での不手際を認めて実行委に陳謝した。来年は開催を前提に、実行委と協議を進めるという。

 実行委の企画運営を担当する酒販店役員、福澤崇浩さん(36)は「そもそも、なぜビアフェスが自粛対象になったのか納得できないが、来年の開催のメドがついたのは良かった」としている。

 フェスは、県内外の地ビールを、地場食材の料理とともに味わってもらおう、と市内の飲食店や酒販店などがつくる実行委が主催。過去3回の開催で5万人以上を集めた。

 しかし、実行委は昨年末、市側…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら