[PR]

 森友学園の小学校建設をめぐる補助金詐欺事件で、国土交通省に提出された建築費約23億円の契約書は、当初の契約金額の各費目をほぼ一律1・5倍に増額して作られた疑いがあることがわかった。作成には校舎の設計、建設会社も関与しており、大阪地検特捜部は、詐欺容疑で逮捕した学園の前理事長・籠池泰典容疑者(64)と妻諄子(じゅんこ)容疑者(60)からの業者に対する指示など経緯を調べる。

 特捜部や関係者への取材によると、両容疑者は小学校舎建設をめぐり金額の異なる3通りの契約書を作成(いずれも2015年12月3日付)。当初15億5520万円で契約したが、翌16年1~2月、国交省の補助金申請のため23億8464万円とした契約書を作り、補助金5644万円をだまし取った疑いがある。

 23億円の契約書について校舎施工を請け負った建設会社(大阪府吹田市)の関係者は朝日新聞の取材に、設計会社(京都市)からの依頼で作成したと認めた。校舎や体育館の工事費、現場管理費といった費目の大半の金額が一律1・5倍された書類を設計会社から受け取り、建設会社が使う書式で入力し直したという。

 学園側は15年6~7月、総工…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら