[PR]

 兵庫県丹波市春日町柚津(ゆづ)の「ひまわり柚遊(ゆうゆう)農園」で、約40万本のヒマワリが見頃を迎えている。営業は6日正午までで、入園料は300円(中学生以下無料)。

 地元住民らでつくる実行委員会が2003年、観光客の誘致と地域興しをめざし、休耕田でヒマワリの栽培を始めた。毎年2週間ほど開園し、来園者に花を持ち帰ってもらったり、高さ2メートル前後のヒマワリでつくった迷路を楽しんでもらったりしている。

 今年は7月23日に開園。同29日も市内外から大勢の家族連れらが訪れていた。家族と一緒に来た小学2年の大久保和音(おと)君(7)=大阪府池田市=は「ヒマワリがたくさんあってきれい。高いヒマワリの迷路はすごい。楽しいです」と喜んでいた。(鵜飼真)

こんなニュースも