[PR]

 大学生の半数が昨年、セクハラを受けた――。オーストラリア政府の独立機関、豪州人権委員会が1日、こんな調査結果を発表した。性的暴行の被害も過去2年で7%近くに上っていた。キャンパス内や大学関連のイベントの最中に起きた被害も多く、人権委は早急に対策を立てるよう大学側に求めている。

 調査は2016年後半に、人権委が豪州の全国39大学の3万人以上の学生を対象に実施。それによると、16年に51%の学生がセクハラを受けていた。そのうち26%がキャンパス内や通学途中、大学が関わるイベントで起きていた。

 また、6・9%が15年か16年に少なくとも1度、性的暴行を受けており、1・6%は、大学が関わる状況で被害にあっていた。

 公共放送ABCは、中でも首都キャンベラにある国内屈指の名門大学であるオーストラリア国立大(ANU)での大学関連の状況での性的暴行の被害が、国内大学平均の2倍以上の3・5%に上ったことに焦点を絞って報道。ANUのシュミット副学長は「大学を代表して、おわびをしたい。この結果はショックだ。最優先すべきは、被害者を支援することだ」と述べた。(シドニー=小暮哲夫)