[PR]

 米アップルが1日発表した2017年4―6月期決算は、売上高が前年同期比約7%増の454億0800万ドル(約4兆9900億円)、純利益は同約12%増の87億1700万ドル(約9600億円)の増収増益だった。iPhone(アイフォーン)の販売は前年同期比2%増だった。

 全世界のiPhoneの販売台数は約4100万台。中国市場の売り上げは同約1割減だったが、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は電話会見で、「中国以外の新興国では売り上げが18%伸びており、まだ成長は見込める」と話した。一方、タブレット端末のiPadの販売台数は同15%増だった。

 クックCEOはまた、「自動化システムに注目し、多額の投資をした大きなプロジェクトが進行中だ」と自動運転車の開発を示唆するような発言もした。アップルは4月、カリフォルニア州から自動運転車を試験走行させる許可を得ている。(サンフランシスコ=宮地ゆう