[PR]

 遺伝子を狙った通りに改変する「ゲノム編集」技術をヒトの受精卵に対して使い、遺伝性の心臓病の原因遺伝子を修復する実験に成功したと、米オレゴン健康科学大学などの研究チームが明らかにした。2日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。ゲノム編集をヒト受精卵に使った実験は中国で3例報告されているが、米国では初めてとみられている。

 研究では、肥大型心筋症を起こすとされる遺伝子変異を持つ精子と、健康な女性から提供を受けた卵子を利用。顕微鏡を使って受精させる際、同時にゲノム編集用の試薬を注入した。受精卵58個のうち42個と、約7割で遺伝子が修復できたという。チームには中国や韓国の研究機関も参加している。

 今回の研究では、修復した受精卵を子宮に戻してはいない。ただ、受精卵段階でゲノム編集を使うことについては、生まれてきた子どもに未知の異常が起こる恐れや、修復した遺伝子の影響が子孫に受け継がれることへの懸念がある。そのため安全や倫理問題から、臨床応用には世界的に慎重な意見が出ている。

 石井哲也・北海道大教授(生命倫理)は「選び抜かれた精子や卵子を受精させて得た受精卵による実験結果で臨床への実用は遠い。ただ、生殖医療の議論が未熟な日本では今回のデータが臨床に近いと誤解され、臨床での拙速な利用が懸念される」と指摘している。