[PR]

 韓国銀行(中央銀行)は3日、今年上半期の韓国と国外とのサービスの取引を示す収支が157億4千万ドル(約1兆7千億円)の赤字を記録したと発表した。米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)の韓国配備に対する中国の経済報復措置の影響を受けた。

 今回の赤字幅は、半期ごとの数字では史上最高になった。全体のうち、旅行分野が約77・4億ドルの赤字だった。同銀関係者は「THAAD問題で、中国人観光客が大幅に減った結果とみられる」と語った。

 韓国観光公社によれば、今年上半期に韓国を訪れた中国人観光客数は約225万人で、昨年同期の約382万人よりも41%減った。日本人観光客は約111万人で同6・5%増だった。

 中国は3月初めから、上海や瀋…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも