皇居・東御苑内の宮内庁三の丸尚蔵館で、皇室の慶事の祝宴の引き出物などとして配られてきたボンボニエール(菓子器)の展覧会「皇室とボンボニエール―その歴史をたどる」が開かれ、人気を呼んでいる。

 ボンボニエールは、砂糖菓子を入れるふた付き容器を意味するフランス語が語源。皇室では明治中期ごろ以降、結婚や即位などの慶事の記念品として祝宴の出席者に配っており、皇族方のお印や時代を反映した様々なデザインが施されている。外国賓客の接遇の機会などにも配られるという。

 展覧会は9月10日までで、1996年に旧秩父宮家から遺贈された品々と、2005年に旧高松宮家から遺贈された品々計165点を展示(一部展示替えあり)。最も古いものは、1894年の明治天皇の結婚25年(銀婚式)の祝宴で配られた鶴と亀が彫られたもの。天皇陛下の即位記念の祝宴や、黒田清子さん(紀宮さま)の成年式の祝宴で配られたものなども展示されている。素材は銀製のほか、陶磁や木製、銅製など多様で、でんでん太鼓などの日本的なデザインもある。

 珍しい品々を見ようと、外国人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら