写真・図版

[PR]

 80歳で自分の歯を20本以上保つことを目標とする「8020運動」の開始から30年近くたち、達成した人の割合は厚生労働省の推計で昨年初めて5割を超えました。かむ力を維持することは栄養摂取の偏りを防ぎ、歯周病の進行や筋力の低下を招かないために重要です。

 歯が少ない人は栄養の摂取量も少なくなる。2004年の国民健康・栄養調査によると、40歳以上で歯が20本以上ある人の平均値を「100%」とすると、歯が20本未満の人は、動物性たんぱく質が88%、亜鉛が92%、ビタミンAが95%など、たんぱく質、ミネラル、ビタミン類の摂取量が少なかった。一方で、炭水化物は99%と、あまり差がなかった。

 国立保健医療科学院の安藤雄一統括研究官は同調査に基づき、食品の摂取量と40歳以上の人の歯の数との関連を調べた。歯の数が「28本以上」「20~27本」「10~19本」「1~9本」「0本」の5グループに分けて比べたところ、「28本以上」の肉類摂取量を100%とすると他の4グループは90%前後で、きのこや魚介類の摂取量も少なかった。

 鶴見大学歯学部の花田信弘教授…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら