[PR]

 公式戦29連勝の新記録をつくった将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が4日、大阪市福島区の関西将棋会館であった王将戦1次予選決勝で、若手実力者の菅井竜也七段(25)に敗れ、公式戦3敗目(34勝)を喫した。王将戦での敗退が決まり、今年度中にタイトル挑戦の可能性があるのは棋王戦だけになった。

 この日の対局は、菅井七段が得意の「中飛車」戦法を用い、激しい攻め合いを制した。終局後、菅井七段は藤井四段の印象について「終盤に強い人だなと思っていたので、そこは警戒した。まだ一局だけでは分からない」と話した。藤井四段は「踏み込まれてから一直線の展開になり、はっきり負けにしてしまった。読みの精度が低かった」と振り返り、「完敗。実力不足」と認めた。藤井四段は本拠とする関西将棋会館で初の敗戦となった。

 菅井七段は現在進行している王位戦七番勝負の挑戦者。第2局まで終わり、羽生善治王位(46)に2連勝している。また、名人戦の予選にあたる順位戦(全5クラス)では、最上位のA級に次ぐB級1組に在籍する。藤井四段がB級1組以上の実力者と公式戦で戦うのは初めてだった。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら