[PR]

 男女2人の皮膚の表面にいる微生物を調べれば、同棲(どうせい)中なのかどうかを、およそ9割の確率で当てることができる――。カナダの研究チームが、こんな研究を米国微生物学会の専門誌で発表した。

 人間の皮膚には、乳酸菌や大腸菌、ブドウ球菌の仲間など、多くの微生物がすみついている。チームは一緒に暮らしている男女10組の背中や手、まぶた、わきの下、へそなど17カ所をこすった綿棒330本についた微生物を調べた。すると、微生物の組み合わせが、個人や体の部分によって少しずつ異なるという特徴が見つかった。

 そして、各個人の微生物の情報…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも