[PR]

 兵庫県姫路市の公園に、高さ26・75メートルの塔がそびえている。全国規模では唯一という、太平洋戦争の空襲犠牲者の慰霊塔だ。一般にはあまり知られていないこの慰霊塔は、なぜ姫路市に建てられたのか。

 JR姫路駅から約1・5キロの手柄山中央公園に、その「空爆死没者慰霊塔」がある。1956年建立の鉄筋コンクリート造りだ。剣を地中に刺した意匠で不戦の誓いを表している。

 国は52年に連合軍の占領が解けた後、旧軍人軍属らへの恩給、援護制度を作った。だが塔の裏には、「非業の死を遂げた幾多の無辜(むこ)の市民については全くこれを顧みるところがなかった」などと国を厳しく批判する文章が刻まれている。

 しかし、この塔はあまり知られていない。

 民間戦災被害者の救済立法に取り組む超党派国会議連(会長・河村建夫元官房長官)が4月、法案素案に「国の慰霊施設の設置」を盛り込むと、総務省は「国立ではないが、すでに全国規模の施設がある」。この慰霊塔を紹介して牽制(けんせい)し、存在をほとんど知らなかった議連側を驚かせた。

 姫路市の空襲犠牲者は、約500人。一夜で10万人が死亡した東京などに比べると、戦災史での知名度は高くない。東京空襲犠牲者遺族会の榎本喜久治事務局長(83)も姫路の慰霊塔には行ったことがなく、「どうして姫路なのか、ピンとこない」と話す。

 姫路にできたのは、47年発足…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら