【動画】くまモンの新たな戦略を練る「くまラボ」を開設=大畑滋生撮影
[PR]

 ワールドカップ(W杯)出場を決めたサッカー日本代表・ハリルホジッチ監督の胸についた「くまモン」のバッジ。今や押しも押されもせぬ人気キャラクターだが、熊本県は1日、新たな戦略を練る「くまラボ」を開設。ITやアニメなどの分野での活用策を検討する。いずれ人気は頭打ちになる――。そんな危機感が背景にある。

 「くまモン人気の成長は国内では限界がある。『ゆるキャラ』から卒業し、世界に向けたアニメを作り、売り込みたい」。「ラボ」が発足した1日。研究員の一人、広告大手「アサツー ディ・ケイ」のアニメプロデューサー、高橋知子さんはそう意気込んだ。

 研究員12人は様々だ。東大先端科学技術研究センター講師、檜山敦さんのテーマは「くまモンとふれあえる仮想現実(VR)世界の開発」。香港の流通大手「YATA(一田)」、タイのアパレル企業「ICC」からも参加し、現地での知名度拡大を目指す。

 県が取り扱うくまモンの使用許諾件数は毎月300件ほどで推移している。これは昨年4月の熊本地震前の倍近い件数だが、復興支援向けの利用が増えたためで、復興需要が一段落すれば「いずれは頭打ちになる」と県。ラボ立ち上げにはそんな背景がある。

 関連商品の売上高は2010年の登場以来年々増加し、16年は1280億円。熊本経済は農産物から加工食品など多くの分野の販促で、くまモンを頼りにする。

 4年間で160万人が訪れたくまモンとの交流施設「くまモンスクエア」(熊本市中央区)には最近、半数近くが香港などからの外国人と推測される。

 キャラクターの人気は移ろいやすく、いったん「落ち目」のイメージがつけば人気が急降下することが多い。県の担当者は「長く愛されるには新しい展開、挑戦が不可欠」と話す。

 県はラボの成果を生かして、未…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら