[PR]

 第99回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)は台風5号の影響で開会式と3試合が8日に順延された。8日に予定されていた山梨学院と前橋育英(群馬)の試合は9日に変更された。

 山梨学院の選手たちは6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった開会式予行で入退場の方法や式の流れを確認した。清水玄司選手(3年)は「甲子園練習と違って観客が入っていたので、いよいよという感じがした。開会式や初戦はもっと人がいると思う。残りの日程でしっかり調整したい」と話した。

 その後、大会本部が順延を発表。選手たちは午後1時から大阪府茨木市で練習に汗を流した。

 打撃練習では、エースの吉松塁選手(3年)が大阪入りした後、初めてマウンドに立ち、5人の打者を相手に投球した。フォームを意識しながら制球を確認したという。「チームとしても自分としても準備する時間ができ、順延は良かった。前橋育英の方がレベルは高いけれど、0点に抑えれば負けることはない」と話した。(野口憲太)

こんなニュースも