[PR]

 第99回全国高校野球選手権大会(日本高野連、朝日新聞社主催)が8日、開幕する。三本松は大会第6日(13日)に下関国際(山口)との初戦を迎える。選手たちに意気込みを聞いた。(丸数字は背番号)

・①佐藤圭悟投手

 自分の持っている全ての力を出し、強気のピッチングで相手を抑える。

(3年)

・②渡辺裕貴捕手

 肩の強さとバッティングの勝負強さで、甲子園優勝を目指す。

(3年)

・③盛田海心一塁手

 自分らしいコンパクトでシャープなスイングでチームを勝利に導く。

(3年)

・④多田祐汰二塁手

 粘り強い打撃と最後まであきらめない守備で、全国優勝する。

(3年)

・⑤下地海誠三塁手

 安定した打撃と守備でチームを助ける。とにかく勝ちにこだわる。

(2年)

・⑥黒田一成遊撃手

 初戦は打って勝つ。守備を堅実に、打撃ではどんな形でも塁に出る。

(3年)

・⑦大久保祥吾左翼手

 1番打者として俊足を生かした走塁で、打線の起爆剤になりたい。

(2年)

・⑧浦上統也中堅手

 的確な送球とチャンスでの勝負強さが持ち味。試合のヒーローになる。(3年)

・⑨川崎愛弥右翼手

 持ち味の速い打球と強いフルスイングをしっかりして、初戦は勝つ。

(3年)

・⑩高橋幸佑内野手

 力強く打つことを心がけて初戦を勝ち抜き、優勝を目指す。

(3年)

・⑪安芸良投手

 とにかく自信を持って、ピンチでチームを助けるような投球をする。(3年)

・⑫香西健太投手

 持ち味は変化球。初戦では気持ちで負けないようにしたい。

(2年)

・⑬市原文太内野手

 冷静で華麗な守備と思い切りの良いバッティングでチームに貢献する。

(2年)

・⑭坂東亮哉内野手

 魅力は長打力。チャンスで一本打って、初戦は絶対に勝つ。

(3年)

・⑮森本塁内野手

 ランナーコーチとして、1点に対する貪欲(どんよく)さを見せたい。

(3年)

・⑯山花悠陽投手

 ベンチから声を出す。いつでもマウンドに行く準備はできている。

(2年)

・⑰児島大也内野手

 初戦では油断せずに最高のプレーをする。フルスイングを見て欲しい。

(2年)

・⑱吉野弘人捕手

 投手を最高の状態でマウンドに送り出す。全力プレーを見て欲しい。

(3年)

こんなニュースも