[PR]

 戦国時代から大正時代に活躍した福井に関わる医師を紹介する特別展「越前若狭の医学史―ふくいの医人たち―」が、福井市大宮2丁目の県立歴史博物館で開かれている。27日まで。

 今年は小浜藩の藩医だった杉田玄白の没後200年の節目にあたることから、博物館が企画。会場では、玄白らが出版した「解体新書」や、玄白の弟子が訳し直した「重訂解体新書」などを含め、23人の医師に関する資料約400点が展示されている。

 山形裕之副館長は「普段は教科書でしか見ることができない解体新書を一度見てほしい」と話す。

 会期中無休。一般400円、大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら