[PR]

 第99回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)は台風5号の影響で、開会式と3試合が8日に順延された。大会第2日となる9日、初戦を迎える山梨学院の吉田洸二監督と前橋育英の荒井直樹監督に相手校の印象や意気込みを聞いた。

 ――相手校の印象は

 吉田 私が山梨に来た年に全国優勝された。関東の名門校という印象。

 荒井 投打のバランスが良いチーム。投手が複数いて打線も切れ目がない。

 ――警戒する選手は

 吉田 背番号8の丸山和郁君は突出している。いるかいないかでチームの色が変わるくらいの存在。

 荒井 左右の投手。あとは打線も力強いスイングをする印象がある。

 ――自チームのキーマンは

 吉田 やっぱり投手。前半から試合を一方的に持って行かれると苦しいので。

 荒井 吉田監督もおっしゃるように、丸山が投打に鍵。その前後の打者がどれだけ出塁できるかも鍵。あとは投手の皆川喬涼が相手打線に通用するかどうか。

 ――チームの状態は

 吉田 精神面では昨年より落ち着いている。

 荒井 こちらの生活にも慣れてきた。緩るむ部分もうまく引き締めながらやっている。

 ――チームの強みは

 吉田 今年の3年生は負けそうになっても、終わってみると勝っている。

 荒井 投手を中心にしっかり守りながら試合を進めてきた。大きな舞台でも、それができれば。

 ――理想の試合展開は

 吉田 投手中心に守って接戦にして、丸山君が出てきた時に打てるかどうか。

 荒井 投手中心に接戦に持ち込んで行ければ。

 ――意気込みを

 吉田 良いチームと良い場所で試合できることに感謝して、選手たちの思い出に残る試合にしたい。

 荒井 群馬県代表として、色々な人の思いを背負って来ている。期待に応えたい。(野口憲太)

こんなニュースも