[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備されているオスプレイが豪州沖で墜落した問題で、沖縄では7日も、オスプレイが飛行した。小野寺五典防衛相が日本国内での飛行自粛を求めている中での飛行継続に、沖縄では強く反発している。

 沖縄防衛局によると、7日午前10時40分ごろ、オスプレイ1機が普天間を離陸し、市街地の上空を横切って飛行した。防衛局が確認し、米軍も認めた。小野寺防衛相は6日に国内での飛行自粛を求めていたが、無視された格好となった。

 オスプレイ配備に一貫して反対してきた沖縄県は猛反発。7日午後、富川盛武副知事が、中嶋浩一郎・沖縄防衛局長と川田司・外務省沖縄担当大使を県庁に呼び「日常的にオスプレイが飛び交う沖縄県にとって、大きな衝撃で、大変遺憾だ」と抗議。オスプレイの飛行継続については「県民の不信感が募れば、日米安保の安定性が揺らぎかねない」と語気を強めた。

 中嶋局長は、豪州沖での5日の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら