[PR]

 神戸・元町駅から歩いて10分ほど。北野異人館街へ向かう坂の途中に「神戸ムスリムモスク」はある。建てられたのは1935(昭和10)年。日本で最初のモスクだ。歴史をたどると、戦争に巻き込まれていったムスリム(イスラム教徒)の姿が見えてくる。大阪大学大学院言語文化研究科の福田義昭講師に聞いた。

 当時から、神戸には様々な外国人が暮らしていました。欧米や東アジア出身者だけではありません。明治期から来ていた貿易商のインド人、ロシア革命の余波の中、東アジアに逃れ、大正期に来日し始めたタタール人のほか、少数ながらアラブ人商人もいました。

 30年代には、すでに300人以上のムスリムが神戸に住んでいました。モスク建設は、彼らが一致協力して、国内外のムスリムから寄付金を集めたことにより可能になりました。

 数年後、東京ではまったく別の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら