[PR]

 動物や建物が浮き上がっているように見えるトリックアート展が高松三越で開かれ、夏休み中の子どもたちでにぎわっている。20日まで。

 画面から飛び出してくるようなシャチやタコ、恐竜などのコーナーのほか、自由の女神やピサの斜塔など、目の錯覚を利用した約50点を展示。親子4人で訪れた市内の会社員は「動物好きなので娘2人とも興奮しています。親としてもうれしい」と話していた。

 中学生以上500円、3歳以上300円、2歳以下無料。