[PR]

 7月の東京都議選後、初の都議会となる臨時会が8日あり、小池百合子知事が率いる第1会派の「都民ファーストの会」の尾崎大介氏が議長に選ばれた。都議会では最大勢力の第1会派から議長を選ぶのが慣例となっており、全127人が一致して尾崎氏を選んだ。

 副議長は第2会派の公明党の長橋桂一氏が選ばれた。自民党は公明党と同数の公認候補23人が当選したが、1人は自民党会派「都議会自民党」に所属しておらず、同会派の人数は22人のため、第3会派となっている。

こんなニュースも