[PR]

 自民党は8日の総務会で、金田勝年・前法相を幹事長代理に充てるなどの人事を了承した。金田氏は通常国会で「共謀罪」法の審議で答弁が迷走。内閣改造で閣外に出たが、党幹部への「横滑り」となった。

 二階俊博幹事長は記者会見で、金田氏起用の理由について「自民党の議員にできるだけ広く色んな立場を経験してもらい、それぞれ躍進をしてもらいたい一環だ」と語った。

 幹事長代理は、閣僚経験者が務…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも