[PR]

 8日朝、東京・渋谷の青山通りに面した青山学院記念館に軽快な太鼓の音が響いた。大相撲夏巡業で初めて行われた「渋谷青山学院場所」は、学生やファンら5千人近くが詰めかける盛況ぶりだった。

 学校法人青山学院が100%出資する子会社アイビー・シー・エスが勧進元。「キリスト教学校の青学で相撲をやるのはいかがなものか」という声もあったというが、「東京のど真ん中で大相撲」をコンセプトに実現にこぎつけた。記念館のある大学キャンパスや青山通りが、まわし姿の大男たちの熱気に包まれた。

 当初は体育会チアリーディング部が土俵で演技する企画もあったが、土俵は「女人禁制」のため断念した経緯がある。「来年もできれば、より青学らしさを出したい」と、アイビー・シー・エス顧問の大友幸哉さん。チアが演技できるスペースを作れないか、渋谷駅前のスクランブル交差点で横綱土俵入りをできないかと、夢を描いている。(鈴木健輔)

こんなニュースも