[PR]

 佐用町上石井に、コオロギを飼育し、魚のえさや昆虫食としての利用を研究する施設ができる。旧石井保育園の園舎を活用し、9月の開設に向け準備が進んでいる。昆虫学者で神戸大名誉教授の竹田真木生(まきお)さん(66)が会社を設立し「昆虫資源研究所・クリケットファーム」と名付けて開設。育てたコオロギを魚のえさとして出荷するほか、食料危機への対策として注目される昆虫食の研究もするという。

 2014年3月に統廃合で閉園した旧石井保育園は、田んぼに囲まれた集落の一画にある。町が園舎の活用プランと事業者を募集し、竹田さんが応募した。

 コオロギの飼育室は旧保育園の保育室を活用。コオロギが逃げ出さないよう二重扉に改修して飼育箱を配置する。産卵から成虫まで約1カ月かけて育てる。フグやサバのえさにもなるといい、ウナギの養殖場から「えさにしたい」と問い合わせもあるという。

 事業化するにはえさの経費が課…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら