[PR]

 中小型液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)が9日に発表した経営再建策で、12月に能美市にある能美工場の生産ラインを止めることを明らかにした。従業員は県内の別工場に配置転換するとしている。

 JDIによると、県内には石川工場(川北町)、能美工場、白山工場(白山市)があり、従業員は計1278人(7月1日時点)。2012年6月に操業を始めた能美工場では268人を雇用している。帝国データバンク金沢支店によると、JDIの下請け企業は県内に36社あり、直接取引がある1次下請けは5社あるという。能美市は13年度に能美工場の設置に5億円を助成した。井出敏朗(としあき)市長は生産中止について「大変残念」と述べ、「再建計画の内容を聞いた上で対応を判断したい」。

 県産業立地課によると、県は白山工場の運営助成金として、16年度に4億円、17年度も18億円を交付するという。谷本正憲知事は「(能美工場従業員の)雇用が一番の問題、引き続き雇用されるよう誠意を持ってやってほしい」と話し、助成について「要件に該当しなくなるかどうか検討する」とした。(伊藤稔、定塚遼)