[PR]

 東京都港区の東京メトロ銀座線青山一丁目駅のホームから、盲導犬を連れた会社員の品田直人さん(当時55)が転落し、亡くなった事故から1年になる。妻の直美さん(53)は「家族にとって主人の死は深い悲しみだが、社会が変わる礎になってほしい」と話した。

 「ご主人がホームから落ちた」。昨年8月15日夕、直美さんの携帯電話に品田さんの職場から連絡が入った。この日は品田さんの55回目の誕生日で、いつものように好物のアイスケーキを買った直後だった。ツイッターを検索すると、次々と駅の様子が投稿されていた。「ただ事じゃない」と病院に向かった。

 2人はクリスチャンで幼なじみ。北海道で知り合った。大人になって再会し、結婚。19~24歳の男女4人の子どもに恵まれた。

 品田さんは宣教活動のためフィリピンで家族と暮らしていたが、40歳のころ、次第に視野が狭まり、色の識別が難しくなる病気になっていることが分かった。

 それでも気持ちは前向きだった。帰国後、北海道で幼稚園長を務めた。園児には「一人ひとりが大切な存在なんだよ」と繰り返し、卒業文集には「やさしいこころをわすれないでくださいね」と記した。「1人でも行動できるようになりたい」と2011年、盲導犬と暮らす道を選んだ。

 その後、障害者の自立を支援する会社に入社。昨年3月、東京に転勤して家族で移り住み、障害者に英語やビジネスマナーなどを教えていた。

 ホームから転落したのは職場の…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら